更新情報

側湾症にインプラント骨格矯正    整体学院ランラン

2014/10/15

20140731_112745

背骨や骨盤等が横にずれている場合は一時的な力を加えてもなかなか矯正できません。

そこで、連続的に力を加え続けられる装置が必要になります。

写真は手作りのインプラント骨格装置と矯正中の患者さんです。

矯正をすると背骨の角度は直線に近くなり、身長も高くなります。

また、骨盤の横ずれによる腰痛の人も多いのですが、痛みが消えるために

びっくりされることも多いです。

もちろん横にずれているかを診断する方法は、筋診断法ですから、すぐに結果がわかります。

レントゲンや見た目だけの判断ではなく、科学的に実証されている方法だから安心です。