更新情報

「院長の診断と違うのはなぜ?」第25期・第6回整体教室の様子

2016/05/18

5月17日(火)に、第25期・第6回整体教室が行われました。無料体験の方1名と、再受講生も参加しました。今日は、頸椎の診断と矯正を学びました。骨のズレを診断するには、該当の骨をしっかり捉え、施術者の指の力をある程度強めて行う必要があります。そうでないと正確な診断ができません。同じ骨でも、院長の診断と自分の診断が異なった時は、指の力が足りなかったり、異なる骨で行っていたり、筋力診断の施術者の言葉かけのタイミングが悪かったり・・・・など様々な理由があります。自分の方法を振り返って、経験を積み、覚えていくしかありません。自己満足で終わらないように、自分を振り返ることの大切さを感じた今回の教室でした。