更新情報

「リラクゼーションコース30分・60分を想定して・・」第25期・補講の様子

2016/06/29

6月28日(火)に第25期・補講を行いました。第25期の受講生の中の1名が都合で2回欠席していたため、まずは1回分の補講を行いました。学んでいなかったところを、受講生の質問に答える形で進みました。主に、妊婦整体とリラクゼーションコース30分・60分を学んでいきました。『マタニティ用クッション(大小)』や『おっぱいクッション』の心地よい感触を体験して、目がキラキラしていた受講生でした。リラクゼーションコース30分・60分は、全体的な復習をした後に、院長を患者として見立てて、タイマーで計測しながらコースを実施していきました。時間を気にしながらも、流れを一通り体得。

患者さんに触れていくと、骨のズレやコリに気づいていきます。十分ほぐしていくと、ズレやコリが改善されることもあります。また、アクティベーターでの矯正が必要になってくることもあります。受講生が実際にコースを実施してみて、「(ほぐしを行いながら)~の時には筋力診断をして・・・、アクティベーターで矯正して・・・」というように、プログラミングの見通しを持てるようになったことは、とてもよかったと思います。今後、実際に施術をしていく時に、ほぐしの技術、筋力診断の技術、矯正の技術、コリの解消の技術、リンパ療法の技術・・・と様々なことが必要になってきます。様々な患者さんに対応するために、『いろいろな引出しを持っていること』、『常に探求心を持ってより良い方法を探っていくこと』が必要だなぁと感じた整体教室でした。