更新情報

戸田校整体教室の様子⑤ 坂戸整体院ランラン

2017/05/11

thumbnail_DSC_0150[1]5月11日(木)、戸田校にて、第30期整体教室が行われました。

今回も、受講生と再受講生3名が参加し、筋力診断法⑤を学びました。内容は、『肘・手関節・膝・頭蓋骨のズレの診断と矯正』でした。

手首や肘、膝は、そこの部位だけに捉われるのではなく、手首や肘、膝のズレを生じさせているおおもとの原因を探る必要があること。例えば、膝ならば、座骨のズレはどうか? 手首ならば、肘のズレはどうか? 肘ならば、肩のズレはどうか? ・・・等々。参加者の中には、手首・肘・膝に痛みがあることが多く、「あ~、そこそこ。痛い~!!」⇒「あ~、楽になったぁ~!!」という会話が飛び交いました。

写真は、頭蓋骨のズレを診ているところです。へこんでいるところがないか探しています。頭痛で苦しんでいる人は、頭蓋骨がへこんでいることが多いです。

また、今日の発見は、施術者の靴下のことです。初め、受講生が「滑ってしまう」と嘆いていました。足元が不安定だと施術する自分の手への集中力が低下してしまいます。足元をしっかり固めることの大切さに気付かされた一場面でした。