更新情報

第33期整体教室(第5回)の様子

2018/05/19

thumbnail_1526717632169[1]2018年5月19日(土)第33期整体教室5回目が行われました。

4名の受講生と2名の再受講生が参加しました。そして、戸田校から林先生が参加してくださいました。

今回は、本格ほぐしコースの3回目。前回は、『60分リラクゼーションコース』の前半40分の内容でした。今回は後半20分の内容を学習しました。

『腰の回転運動、足や足裏のツボ押し、足のほぐし、首の牽引、腕のほぐし、肩甲骨はがし、脊髄神経の解放』などの内容でした。

触れる場所はとても大事ですが、触れ方と何のために行うかもとても大事です。特に、触れ方については、院長がいつも「筋肉を捉えること!!」「吸盤のように!!」と強調しています。自分の手のひらがセンサー。手のひら全体で筋肉をじっくりと捉えていくと、患者さんの体のどこがかたいのかがわかっていきます。実践あるのみ!!でしょうか。

ベッドに座って『脊髄神経の解放』を行うと、事前と事後で上体を左右に捻る角度が拡大します。目に見えて成果を感じることができ、お互いに歓声があがりました。盛り上がったところで、終了となりました。