更新情報

第35期整体教室(第8回)の様子

2018/09/15

thumbnail_DSC_0591[1]2018年9月15日(土)第35期整体教室8回目が行われました。

受講生1名と再受講生4名が参加しました。

今回は、『頭蓋骨(顔)のズレの診断と矯正』を学びました。

頬や目の筋力診断をして力が入らなかった場合は、『口・鼻・耳・目』の体操をすると、力が入るようになりました。血流が良くなり、顔に赤みが増し、目が大きくなり、表情も豊かになっていきました。初めに力が入っていた場合は、体操後により力が入るようになりました。初めに力が入っていたのに、体操後に力が入らなくなったというランラン初めてのケースがあり。その後の頭蓋骨・顔の矯正を行う中で、力が入るようになってきました。頭蓋骨が上に上がり過ぎたり、こめかみが前にいき過ぎたりしていたことが原因でした。良かれと思って口や耳の体操をやり過ぎたことが原因だったようです。何ごとも『過ぎたるはなお及ばざるがごとし』ですね。

写真は、『鼻のズレを診ているところです。鼻も、上部・中央部・下部に分けて細かく診ていくと、「下はズレていないけれども、真ん中と上がズレていた」ということもあります。矯正した後は、「鼻の通りが良くなった!」「スッキリした!」などの歓声があがりました。

休憩時間には、施術用ベッドやマットなどの情報交換で盛り上がりました!!